子供が中学生にあがるなら家庭教師を雇うべき

勉強

高学歴の作り方

ランキングの高い大学に我が子を入れるためには、幼少期からの学習習慣が重要となります。難関校の入試をストレスなく突破するには子供自身の意思で勉強するような環境を整えるべきであり、そのために親としてできることは何かを考えるようにしましょう。

履歴書

面接で必要となるもの

大学や高校の入試の場では、学校を選んだ理由をまとめた志望動機が必要になることがあります。学校を選ぶことになったきっかけや進学後のビジョン、さらには社会に出た時にどんな活躍を目指しているのかを抑えた書き方を心がけておけば高い評価が得られます。

レディと女子学生

定期試験向きのプラン

高校受験を目的に、尼崎の個別指導教室に通う中学生が活用しているのは、定期試験対策にも役立つ学習プランです。週1回のコースは月額1万5000円前後ですが、個別指導教室の自習室も活用すると、更に学習効果が高められるでしょう。

費用の相場を知る

ウーマン

相場から分かる判断基準

家庭教師はいろいろな業者があるため、教え方が上手なところから選ぶのが基本です。しかし、費用も選択の基準として判断しなくてはならず、相場を知る必要があります。中学生では家庭教師を利用している人も多く、自宅にいながら学習ができるため人気があります。家庭教師は相場を把握したうえで、信頼できるところから選んでいくことが大切です。中学生を対象とする家庭教師の費用の相場は、1時間当たり2,000円から5,000円となっています。塾に比べると少し高くなりがちですが、直接指導してもらえることから、ペースを上手く合わせてくれます。そのため、分からないまま進められてしまう場合がないため、安心して学習に取り組めるメリットがあります。中学生の費用の相場を把握することで、これよりも極端に高かったり安かったりする偏りが判断できるようになります。家庭教師は費用が高ければいいというわけではありませんが、あまりにも安い費用であると家庭教師自体の質が問われてしまいます。質が悪ければ家庭教師の教え方が下手な場合があるため、高校受験を控える中学生にとっては不利になります。よって、費用で判断せずに、家庭教師の質を優先させる必要があるのです。その判断に役立つのが費用の相場となるので、冷静に見極めていく必要があります。費用の相場が分かれば、家庭教師を利用したいと検討している段階でも経済的な準備ができます。子供が中学生であれば、高校受験の前から余裕をもって準備をしておくのがおすすめです。