子供が中学生にあがるなら家庭教師を雇うべき

面接で必要となるもの

履歴書

学校を選んだ理由などを

大学入試や高校入試といった場では、なぜこの学校を選んだのか、その理由を志望動機としてまとめて提出するよう求められることがあります。試験の結果よりも面接や小論文を重視する場合に顕著で、これも評価されるためしっかりと書かないといけません。と言っても特別に難しいわけではなく、基本的な書き方さえ覚えておけば大丈夫です。要点を抑えて、志望校への合格を目指しましょう。文章の中に入れるべきポイントとしては、志望校を選んだきっかけがあります。他にも同様の学校があるにも関わらず、なぜこの学校を選んだのかその理由は必ず志望動機の中に入れるようにしましょう。書き方としては例えば医療系の学校であれば、テレビ等で仕事の様子を見て興味を持ったとか、家族が病気になった時にとても頼りになったので憧れたなどを自分の経験からまとめるようにします。学校に進学後、そこで何を学びたいかも志望動機に入れたいポイントです。学校としては学ぶ意欲のある人を受け入れたいため、具体的なビジョンを持っている人のことは高く評価するからです。志望校のカリキュラムを事前に調べ、それについて触れるのが良い書き方です。卒業後の進路やどんな職場で活躍したいのかも、志望動機に書いておくと評価されます。学校で学んだことを何に活かすのか、将来的な考えを持っていると有利です。これらのポイントを織り込みながら志望動機にまとめるわけですが、全体の書き方も重要です。文章の流れを考えて、初めに結論を書き、それについて解説しながら最後にまとめるという書き方にすれば読みやすくなります。